SmilingBaby

INTERVIEW堀口マモルの著名人対談

渡邊智惠子さんvs堀口マモル 「スマイリングベイビーを22世紀に残そう」パワフル対談

 

今回登場していただいたのは、オーガニックコットンのリーディングカンパニー「株式会社アバンティ」の渡邊智惠子さんです。

オーガニックコットンの素晴らしさに出会い、広めることを決意。今では、オーガニックコットンの母と呼ばれるまでになりました。

その活動は多岐にわたり、2008年に株式会社アバンティが「毎日ファッション大賞」を、その後もご本人が「日本を代表するソーシャルビジネス55選」「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2010」など、数々の賞を受賞。2010年にはNHKの人気番組「プロフェッショナル仕事の流儀」にも取り上げられました。

さらに、2000年NPO法人日本オーガニックコットン協会を設立し、副理事長に就任。2011年「東北グランマの仕事づくり」、2012年「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」、2013年「わくわく・のびのび・えこども塾」など、ソーシャルビジネスにも注力。その勢いはとどまるところを知りません。

 

 

渡邊智惠子さんと堀口マモルとの出会いは、20年近く前。堀口が手伝っていた茨城の有機農法の田んぼに、たまたま子育て中の渡邊さんが参加した時のことでした。

それ以来、 渡邊さんのイベントに堀口が顔を出すなど、お付き合いが続き、今回の対談となりました。

 

ちょっと肌寒い雨模様の中、和装でスマイリングベイビーのスタジオに現れた渡邊さん。登場と同時に、その元気なオーラでスタジオもパッと明るくなりました。

 

さあ、対談、スタートです!!

オーガニックコットンのお店「プリスティン」

ビオマルシェ

私ね、子供に選ばれたんだと思ってるんですよ

最初に会った時から元気な方だと思っていました。今は、それ以上ですね

その間、いろいろ頑張ってきましたもの

今日は渡邊さんの人となりと、活動などをお聞きして、スマイリングベイビーのお母さんたちにお伝えしたいなと思っています

私はね、母の再婚先の家庭で育ったんです。そういう環境だから、前向きに元気にしていようと考えたの。子供ながらにね。そうしなくちゃ、母がかわいそうだと思ったの

お母さん思いだったんですね。親子、特に母子の関係というのは密接なものを感じます。撮影していてもね、お母さんが笑わないと赤ちゃんは笑わなかったりするんですよ

確かに密接ですね。うちの元スタッフで、子育てしながら熊本でうちの製品を扱うお店をやってくださっている方がいるんですけれど、穏やかで冷静な人なの。すると、赤ちゃんも穏やか。闇雲に泣いたりしないの

言葉はなくても繋がっているんですね。ちなみに渡邊さんご自身とお子さんはどんな関係ですか?

私ね、子供に選ばれたと思ってるの

ええ?! 池川明先生も同じことをおっしゃっていますよ 

実はね、娘がお腹にいるとわかったのが、タイに絵本を届けるボランティアに行って戻ってきた時だったの。安静にしてなきゃいけないと言われる時に、トイレのないようなとっても環境の悪いところで過ごしてたの

大丈夫だったんですか?

娘はそういう私を選んで来たんでしょうね。そして43歳で産みました

その上、高齢出産じゃないですか!

しかも帝王切開でね。娘は小さく生まれて、すぐに保育器行き。退院したのは私だけで、最初は育てるといっても、母乳を絞って病院に届けることしかなかったの

それは大変でしたね

そうでもないのよ。その間、私は普通に働くことができたの。シングルマザーだったし、会社も忙しかったから、ちょうどよかったの

渡邊さんのお話を聞いていると、人がマイナスと思うことも、プラスになる!!

私はね、人にも環境にも恵まれたの。その後も娘を保育園に預けたりと働きながら育てたわけだけど、例えば、私が出張先から戻りが遅くなって、閉園時間になってしまうと、保育士さんがおうちに連れて帰って面倒見てくれてたりね。本当に感謝しています

ありがたかったですね。そして、今はお嬢さんは?

サスティナブルデザインを学びにイギリスに留学予定です

やっぱり渡邊さんと同じ道を目指しているんですね

そう生きるために意思を持って(渡邊さんを選んで)生まれて来たんだと思うわ。本当に産んでよかった

神様がくれた元気は世の中に返す

ところで、ウーマンオブイヤーを受賞し、ラジオのパーソナリティもやり、社長業もやり、たくさんの団体の理事もやり…と、その元気の秘訣って何なんですか?

私はね、このパワーは神様がくれたんだと思ってるの。どこか悪いとそれだけで、何もする気になれないでしょ? でも、私はとっても元気で動き回れる。自分で考えても奇跡でしかないから、これは、もう、神様からの『その元気で世の中のためになりなさい!人のために頑張りなさい!』というメッセージだと思うの

そして人から感謝されて、さらに元気になってるんですね。
逆にスマイリングベイビーのお母さんたちに、元気になるためのアドバイスはありますか?

食べることを大切にしなさいということですね。私は野菜が好きで、あ、魚も好きだわ(笑)。例えば冷蔵庫に野菜があるのを見るでしょ。するとね、どうやって食べようかなってワクワクするの

料理はクリエイティブですからね

ちゃんとしたものを食べるということが大切だと思います

22世紀に残すもの

長野県の“小諸エコビレッジ”(一般社団法人)で、毎年、ビオマルシェ(Bioマルシェ in 小諸エコビレッジ)というのを、5月〜11月にやっているの

無農薬の野菜とか?

そうそう。ちゃんとした食べ物を扱ったお店やカフェ、手作りクラフト。コンサートや映画の上映会をやって、小さなお祭りね。規模は大きくはないけれど、もう8年め。

それは楽しそうだ

緑の中でのんびり過ごしながら、自然のありがたさを感じることができるイベントなの。ぜひ、いらして

それは興味深いですね

その他にね、きれいな地球を子供たちに残すために、次の22世紀に残すものは何かということをテーマにゲストとともに話す動画番組“22世紀に残すもの”も配信しています

映像作家さんや漫画家さんもいらっしゃる

いろんなゲストの方とお話ししてるの

22世紀に残すといえば、スマイリングベイビー、つまり赤ちゃんの笑顔も残さなくちゃダメですよね

子供は大切よ。アバンティでは、保育園や幼稚園の計画も進めています

スマイリングベイビーでも保育園をやりたいなと思ってるんですよ。撮影に来た母さんたちに話を聞くと、子育てでいっぱいいっぱいで出かけることもなかなかできない。預けたくても預けられない。だから、子供連れでも大丈夫なワーキングスペースのような、そんな保育園があればいいと思うんです

それは、いいことだわ。ぜひ、一緒にやりましょうよ。

対談を終えて

「20年ほど前に知り合った時に凄くエネルギッシュな方であるという事は、解っていましたが最高にパワフルなお話! 改めてスマイリングベイビーのこれからの活動方法にもいろいろ学ぶことが多かったです。力強い生き方をしている人と会いお話することは、私自身のパワーアップに必要だと心から思いました!!!」堀口マモル

渡邊智惠子(わたなべちえこ)
1952年 北海道斜里郡出身

 

株式会社 アバンティ代表取締役社長

一般財団法人 森から海へ  代表理事

一般社団法人 わくわく・のびのび・えこども塾 代表理事

一般財団法人 22世紀に残すもの 評議員

特定非営利法人 日本オーガニックコットン協会 副理事長

公益財団法人 シャンティ国際ボランティア会 理事

公益財団法人 みんなの夢をかなえる会 理事

などを務める

 

渡邊智惠子オフィシャルサイト
http://chieko-watanabe.com

 

株式会社アバンティ サイト

https://avantijapan.co.jp

 

□情報
Bioマルシェ in 小諸エコビレッジ

2018年5月19日から毎月第3土曜日に開催

11月まで
https://www.facebook.

com/events/

589427511440849/

 

 

  • 22世紀に残すもの

・渡邊智惠子オフィシャルサイトにて動画配信

http://chieko-watanabe.

com/talk/tag/

for_22nd_century/

財)22世紀に残すものオフィシャルサイト

http://www.22c.life

Translate »